和田「どうすりゃよかったんだ…」