後輩「わたしは、待ってるんですからね」【後半】