ダイヤ「千歌? 贅沢な名ですわね、今から貴女の名は千ですわ!」